我々の理念

 企業の事業環境及び個人の投資環境は、IOTの発展等により劇的な変化を遂げています。海外の情報を得ることは容易になり、より魅力的な市場を求め企業及び個人の投資対象は世界に広がっています。

 

 特に新たな市場を求める企業による海外進出は必須のものとなっており、今後更なる拡大が求められています。大企業においてはもちろんのこと、中小事業者においても海外市場への進出の検討は看過できない状況にあります。また、日本経済の今後の発展のためには、外国人及び外国企業による日本への投資及び進出の更なる拡大が望まれます。

 

更に、先進国で構成されるOECD(経済協力開発機構)は、多国籍企業による全世界的な過度の節税(BEPS・Base erosion and profit shifting・税源移譲と利益移転)の防止を目的としたBEPS行動規範の制定や、富裕層による国際的な資金移動による租税回避の防止を目的とした、非居住者による金融機関口座等の情報交換のための共通報告基準(CRS・Common Reporting Standard)が発表されており、各国の税務当局等への情報開示や法令順守のための手続きがより重要さを増してきております。

 

 一方で、個人及び企業の事業の国際化に比べ、これらをサポートする最も身近な専門家である日本の公認会計士、税理士等の専門家や日本の経理部門等の管理部門の国際化への対応は現状充分であるとは言えません。

 

 この様な状況を鑑み、フェニックス国際税務研究所は個人及び企業の海外進出並びに外国人及び外国企業による日本への投資促進のため、日本の公認会計士及び税理士等専門家の国際化を図ることを目的として設立されました。

 

 上記目的の達成のため、フェニックス国際税務研究所ではクロスボーダーでの税務の取り扱い、いわゆる国際税務を中心とする以下の活動を行っております。

  1. 国際税務に関する研究調査
  2. 国際税務に関する研修等の実施
  3. 日本企業の国際化及び外国企業の日本への投資に関する助言・相談・支援
  4. 日本企業の国際化及び外国企業の日本への投資に必要な他の専門家との連携
  5. 日本企業の国際化及び外国企業の日本への投資に必要な専門家の企業等への紹介

 当研究所の活動が日本のみならず、ボーダーレスなより良い社会の実現に寄与するものと信じております。

 

一般社団法人フェニックス国際税務研究所

理事長 島田 健史